11月23日 チャイナドラゴン戦

さて一夜明けまして、わたしたちが向かったのは、

1123003

スケートです。
霧降アイスアリーナのとなりには400mの屋外スピードスケートリンクが
あるんですよね。
貸し靴合わせて、2000円くらいで滑れます。
公共のわりにはちょっと高いかなー。

1123001

不安気にスケートを履いています。
久保くんです。
わたしは、田舎の家の裏がスケートリンクだったので
そこそこ滑れました。昔は。
でもひさしぶりに履いてみたら、
怖い。足すぐ痛くなる。
もうぜんぜんダメでしたね。
一周すると息も切れ切れ。
40秒から1分で交代って・・・って思ってましたけど、
たしかにものすごい全身運動なんですねー。

1122008

で、そのあと、氷上練習見ますと、
なんでこんなに滑れるのか理不尽なカンジさえします。
凄いなー。
選手への尊敬が深まった瞬間ですね。

1123002

前日がいい夫婦の日、ということで、
こんなものが!!
さすがに恥ずかしくてチャレンジできなかったですねー。
これは、齋藤哲也キャプテン。

1123004

もうね。霧降のみなさんには
それはそれはよくしていただいておりまして、
今日は3人です、って言ったら
Yさんご一家が、
3人分ユニフォームを用意して待っていてくださいました。
もうねえ。ほんとに親戚みたいです。
あったかすぎて泣ける。

試合は、
昨日とはうってかわってバックスペース。
なんせ1Pだけで5点。
ちなみにユニホームを貸してくださった、
Yさん御贔屓の13番岩本和真くんが先制点。
カズマくんはこの日2点をあげる大活躍でした。

そして。
この日は3番目の控えゴーリーである龍くんが
初登板しました!!
ゴールキーパーって2名までしかベンチに入れないんですが、
万一なにかあった場合、
ほかに替えが効かないポジションです。
なのでだいたいのチームには3人のキーパーがいます。
となると、必ずひとりはベンチに入れないんですね。
龍くんはルーキーで、
今年移籍されてきたベテラン清川さんと、
福藤さんの控えとして爪を研ぎ今年からはガッツリマスクを
かぶっている小野航平くんがいて、
なかなかベンチにも入れません。

この日は、5点取った時点で観客席では、
龍が出るかもね、出してあげたいね、
とサポーターのみなさんがそわそわしていました。

その時は予想よりやや早く、
第2ピリオド途中でやってきました。

1123005

霧降を揺らす大歓声。
ちょっとですね。ウルッときちゃいましたね。
観客も、
そして先輩たちも、
ここまで出番のなかったルーキーに
ものすごい愛情をかけているのが見て取れます。
ひとつセーブを取るたびに、
霧降がまさに揺れていました。

試合後お会いした監督が、
まああのくらいの難易度であんなに喜んでもらえるのは
龍だけですよね、と笑ってらっしゃいましたが、
なんかもう、
ひとつひとつ心を込めてセービングしてるのが、
伝わってきて立ち会えてよかったなー、と思いました。

そして、龍くん、
現在も、
キーパーとしての防御率がリーグ第一位です。
一点も取られず、一試合だけの登板なのでそうなりますよね。
数字の妙ですね。

龍くんだけではなく、
今年はバックスに7人のルーキーが入りました。
移籍組がふたりいるので、
9人のニューカマーがいたワケですね。
これは例年に比べても多いのではないでしょうか。

わたしはアイスバックスのシーズン付き合ったのは今年が初めてです。
今年いた選手で、来年いない選手もいるんだろうなー、
と思うと、いまからちょっと泣きそうです。
何年も何年も応援したスポーツって競馬くらいなので。
競馬は、基本、馬ですからね。
もちろん引退もありますが、
ちょっと感覚が違いますよね。

そのかわり、この大量にルーキーが来た年に立ち会った
ってコトは、もう、初年度から観てるんだよね、
っていう選手の成長に立ち会えるということでもありますよね。
いい年に観戦をはじめたのかもしれません。

というワケでドラゴン戦勝ちました。
ファンの方々は、
フタケタ勝利でもよかった、とおっしゃってましたが
4連勝。
目出度いです。