• gallery_buildings_one
  • gallery_buildings_two
  • gallery_buildings_three
  • gallery_buildings_four
  • gallery_buildings_five
  • gallery_buildings_six

Cast


佐藤誓
1962年生まれ。岩手県出身。アクトレインクラブ所属 。
1988年『怪誕身毒丸』より花組芝居に参加。2000年に退団するまで『ザ・隅田川』『いろは四谷怪談』『泉 鏡花の夜叉ヶ池』等に出演した。退団後はテレビ、映画等で幅広く活躍。舞台は『子供のためのシェークスピア』『焼肉ドラゴン』等多数。風琴工房には昨秋の『hedge』に続き、4回目の出演。確かな演技で詩森からの絶大な信頼を得ている。


清水穂波

2006年早稲田大学第一文学部に入学。以後、演劇サークルに所属。主に俳優として学内外の公演に出演。ジエン社の殆どの作品。かもめマシーンの殆どの作 品。固定の演出家と継続的に丁寧な作業をし、深い成果を上げている。その他の主な出演は箱庭円舞曲『極めて美しいお世辞』『いつも誰かのせいにする』な ど。
風琴工房には昨年の『国語の時間』に続き3回目の出演。

 

 

金丸慎太郎

いつのころからか忽然と小劇場界に現れ、キリンバズウカ、国分寺大人倶楽部、箱庭円舞曲、範宙遊泳、競泳水着、ロロなど話題の舞台に次々と出演。風琴工房は昨年の『記憶、或いは辺境』『hedge』に次いで3回目の出演。



李千鶴

日本大学芸術学部演劇学科演技コースを卒業。文学座を経て、まつもと市民芸術館の串田和美作品に参加し、現在は株式会社GIFTに在籍。映像、舞台で幅広く活動している。演劇カンパニーMUIBOのメンバー。風琴工房には昨年の『おるがん選集』に続き、2回目の出演。


Staff


【 翻訳・演出】 詩森ろば

宮城県仙台市出身。3歳から18歳までを盛岡で育つ。
1993年、劇団風琴工房旗揚げ。以後すべての脚本と演出を担当。
時に詩のようと評されるうつくしい言葉の扱いに定評があったが、
近年では対話を中心としたリアルな作風にシフトチェンジ。
現実とリンクし、深く現代社会に切り込む作品を作っている。
2003年『紅き深爪』で劇作家協会新人戯曲賞最終候補。
2011年『葬送の教室』にて鶴屋南北戯曲賞最終候補。
2014年 小里清作『国語の時間』を演出。第21回読売演劇大賞優秀作品賞。
本作品では初めての翻訳に挑む。

【美術】 杉山至

国際基督教大学卒。同大学在学中より劇団青年団に参加。
01年度文化庁芸術家在外研修員としてイタリア・ナポリの舞台美術工房にて研修。
06年、地点『る つぼ』にてベスト・セノグラフィー賞受賞。
近年は青年団、地点、サンプル、LUDENS等の舞台美術を担当。
また舞台美術(セノグラフィー)ワークショッ プを多数実施。
桜美林大学非常勤講師、舞台美術研究工房・六尺堂ディレクター、NPO法人S.A.I.理事、二級建築士。
昨年度風琴工房公演『国語の時間』その他の美術で第21回読売演劇大賞最優秀スタッフ賞受賞。

【照明】 榊美香

日本大学芸術学部卒。同大学在学中より照明に携わり、磯野眞也に師事。
的確なテキスト把握と美しい空間構成の照明で多くの演出家の信頼を得ている。
劇団俳優座、空想組曲、シアトル劇団子などの照明を担当。
2006年風琴工房『機械と音楽』の照明で、佐藤佐吉賞最優秀照明賞受賞。

【音響】 青木タクヘイ

埼玉県生まれ。
明治大学文学部演劇学専攻在学中より、パフォーマンスカンパニー『NOISE』に参加。
主宰者であった故・如月小春の勧めにより舞台音響の道に進む。
90年より市来邦比古に師事。
(株)ステージオフィス所属。日本舞台音響家協会員。
現在、音響プランナー/デザイナーとして年間数十本の演劇・舞踊作品を手がけ、
数多くのミュージシャン、作曲家とも共同制作を行っている。
その他、生楽器や音具を使ったパフォーマンス、スタッフ育成及び情操教育を目的とするセミナー、
ワークショップも精力的に行なっている。
また、レコーディング・エンジニアとしても多くのミュージシャンの信頼を得ている。
イキウメ等の音響で第21回読売演劇大賞優秀スタッフ賞を受賞。

【舞台監督】 印宮伸二 【演出助手】 大野沙亜耶  【宣伝美術】 詩森ろば
【協力】  アクトレインクラブ/株式会社ギフト/ブロッサムエンターテイメント