About this site

こちらは風琴工房公演「penalty killing」の公式サイトです。

「penalty killing」は、(おそらく)演劇界初のアイスホッケーを題材にした演劇です
俳優・ダンサー交えた18人の男たちが、スズナリをアイスアリーナにして縦横無尽に駆け回ります。風琴工房らしからぬダイナミックな試合の表現と共に、風琴工房らしい細やかなドラマで、わたしたちが生きることの絶望と希望を描き出します。

「penalty killing」は日光に実在するアイスホッケーチームをモデルにしています
モデルとなった日光アイスバックスは、日本で唯一のプロアイスホッケーチームです。何度も何度も廃部の危機を迎えながらも、地元のひとたちに愛され、危機を乗り越えてきました。高度成長からの経済破綻、長期不況、そういったなかで、経済はどのように人を幸福にすべきなのか、わたしたちはどのように生きて行けばいいのかを考え続けた座付き作家 詩森ろばが、アイスホッケーから世界を見つめ、人里離れた山奥に佇むアイスアリーナが実現している、地域コミュニティの可能性を描き出す、男だらけの風琴工房、最終作です。

更新情報・お知らせ

2014/12/04
公式サイトオープンNEW

読んでから見るか、見てから読むか ミズノスポーツライター賞最優秀賞

アイスタイム 伊東武彦

・・・2009年春、所属チームの突然の 廃部により1人のスーパースターが行き 場を失っていた。名門SEIBUプリン スラビッツ、日本代表のキャプテンとし て、長野オリンピック以降の日本アイス ホッケー界を支えてきた男だ。 そして・・・。
※「PENALTY KILLING」は、執筆にあたり「アイスタイム」に多大なインスパイアを受け、また著作者伊東武彦さんのご協力をいただきました。

links

STORE

アイスタイム

ここで購入できます。
当日会場でも販売いたします。